« 冬だ! | トップページ | 気温上昇中! »

出産ラッシュ3

さて、今月から始まりました「Tain牧場出産ラッシュ」

先日の分娩(メスでした♪)でひとまず終了です。

結果は、、、

 

 

オス  5頭

 

メス  3頭

 

 

メス少なっ! ( ̄▽ ̄;)

 

しかし、最近では技術も進み人工授精での完全なオスメス産み分けは確立されていないものの、

 

受精卵移植においてはDNAを調べてオスメス判別された受精卵も販売されていますし、

精液についても、遠心力?でオスの遺伝子をとばしてメスの生まれる確率の高い精液の販売も最近始まりました。

 

私はまだ試したことはありませんが、興味はあります。近い将来、チャレンジしてみたいです。

 

 

しかし、やっぱり運にまかせて分娩ごとに、

オスか!?

 

 

メスなのかっ!?

 

と一喜一憂するのも楽しいかもしれませんね。

 

何はともあれ、大きな事故もなく出産ラッシュを終えられて良かったです。

オスもメスもスクスクと育っています。

 

 

 

ちなみに本日、オス3頭を初生トクとして販売しました。

出産ラッシュで生まれた5頭のオスは牧場にはもういません。

 

少し寂しいような。。。

 

 

 

 

|
|

« 冬だ! | トップページ | 気温上昇中! »

コメント

私のブログにコメントありがとうございました。
うちも最近オスが多いです。
どうにもならないことですが、まあ、巡り合わせとして受け入れるしかないですよね。
でも、メスが生まれる精液もかなり魅力的です。

投稿: カウベル | 2007年4月16日 (月) 22時01分

先日僕が受けた繁殖講習では、
現在、統計的には、メスの子牛が産まれる確立は4割。
と、50:50ではないそうですね。
しかも、双子の分娩確立は数十年前と比べて2倍の約9%らしいです。
この双子が産まれる確立による、アメリカの経済的損出は約270億円に上るそうで、
この問題を解決しようと調査した所、
オスが多く、双子も多いのは、
高泌乳の能力を大きく追求してきた結果だと考えられているそうです。

聞いた話で、手元に資料はなく、僕の口から断言できるものではないですが・・・

メスを産む確率が高くなるのは、合理的で魅力ですが、僕はちょっと抵抗を感じてしまいます。固定観念からですが(>_<)

でもTainさんがそのうち、その精子を使ってみたら、ぜひ参考にしたいので、」お話聞けると嬉しいです(^^)

投稿: ケンゴ | 2007年4月16日 (月) 22時58分

受精卵や精液までが販売されてるのですか?!びっくりです。知らなかったなぁ。
お仕事のうえで自然が一番!とは言ってられないところもあるのでしょうね。

無事に出産された男の子たち…もういないのですか...。さみしいですね。


投稿: soran | 2007年4月17日 (火) 01時58分

春の陽気(まだ少し寒いけど)に心を癒され、、、総会の時眠気に襲われます。Tain です。

>カウベルさん
カウベルさんのブログはついついコメントしたくなる内容なんです。
僕もオスメスどっちが生まれるのかわからないのが自然だからあまり気にはしていません。
でもオスが続くとショックですね。

>ケンゴさん
あら!50:50ではないいんですねー。知らなかったです。
輸入精液では牛を選ばないと血が濃くなりすぎて遺伝的な病気にかかって生まれてくる牛もいます、、、よね?たしか。。。

いやー、新しい精液ちょっと使ってみたいですよー!気になるー!!

>soranさん
そうなんですよ!家畜の繁殖は意外と進んでいます。
今はほとんどの農家が繁殖は人工です。オス牛に種付けさせる農家はほとんどいません。

でも私は無理してでも「メスが欲しいっ!」って考えではないので自然で十分です。無理したら労力もお金もかかるので。。。

でも手間もお金もかけてメスが生まれたほうがオスばっかり生まれるより経営にはプラスなのか!?と最近考えています。

投稿: Tain | 2007年4月18日 (水) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187375/6115156

この記事へのトラックバック一覧です: 出産ラッシュ3:

« 冬だ! | トップページ | 気温上昇中! »