« ロケ、そして全道大会! | トップページ | 全道JA青年部大会② »

全道JA青年部大会①

先日6・7日に札幌で開催された「全道JA青年部大会」。私は今回の参加が3回目になります。

 

今回の記事は本当につまんないです。興味のある方のみ読んでくださいm(__)m

 

 

全道青年部大会はその名の通り全道からJA青年部の盟友が集まってきます(っても全員じゃないですけどね)。札幌パークホテルを会場に約650人もの青年部員が集まり、全道12の地区の半分ずつが「青年の主張大会」「青年部活動実績発表大会」を発表し合います。その後は各作目ごとに分科会にわかれ意見交換、夜は全体での懇親会およびアームレスリング大会・青年の歌カラオケ大会。2日目は記念講演を聴きます。今年は元野球選手中畑 清氏でした。その後は各大会の結果発表などを行います。

 

1回目は先輩から「Tainまだ青年部に入って間もないんだし、一回経験してこい!」と言われ何が何だかわからず行った記憶があります。そこで聴いた岩見沢青年部の実績発表「情熱米届けます!」がとても記憶に残っています(タイトルはちょこっと違うかも(^^ゞ)。

この活動は岩見沢青年部員が作った米をPRしようと札幌のSTVラジオ番組「日高ゴローショー」まで米を背負って岩見沢から札幌までの道のりを盟友達で走りきる!というものです。途中、部員から反対や「できっこない!」という意見もありましたが「何もやらないではいけない!部員一丸となってチャレンジしよう!」と見事走りきり、今もその活動は継続されています。(記憶があいまいですがこのような内容だったと記憶しています。もし間違い等ありましたらメールいただけるとうれしいです。)

この活動報告を聞いて私の中で「青年部活動とは!?」という思いが芽生えたのかもしれません。ただ会議に出てみんなの意見を聞いているだけじゃなく「みんなでこんな事やれたらいいな♪」と思わせる大会でした。

 

2回目はな、なんと、私が「青年の主張」の発表者になってしまいました。この時も先輩(っあ!思えば前と同じ先輩だ!)から「Tainも一応メンバーに入っておけ。でもたぶんYさんが発表者になるから。」と言われ私も「それなら、、、はい。」と軽く返事をしました。私の所属する青年部は5支部からなり支部発表者候補1名選出でした。

Yさんは別海自衛隊練習地移転問題から私の住んでいる町に就農した人です。主張発表のネタとしてはバッチリ!もちろんYさんも他の支部から候補として上がっていました。

でも、断ってしまったのです。。。次に名前が上がったのは私。。。

 

私は「むり無理ムリ!緊張しぃだしムリですって!」と一生懸命(笑)断ったのですが、説得され自分も「いい経験になるかな?」とやってみる事にしました。

原稿の内容は札幌のホテルで働いた経験やサービス業と農業の違い、青年部を通しての仲間とのつながりを書きました。

ホテルではお客さんとの対面してのサービス・仕事だったのけど農業は正反対。自分の作った商品の向こう側にお客さんの顔が見えづらい職業でもあります。お客さんの「ありがとう」が聞けない。。。仕事も元気に乳を出す牛を育てて乳を搾る。この作業を主体にして仕事が完結してしまう酪農家も多い事。青年部活動を通して仲間との連帯感・達成感を味わえる事。私達の青年部事業「小学生親子農業体験」を通して消費者とつながることもできる。。。自分でも大満足の原稿が出来ました。だいぶ悩んだけどf^_^;

 

 

ごめんなさい。仕事の時間なので今日はここまで。続きはまた明日♪

今夜は青年部忘年会だぁo(^-^)o記憶をなくさないようにしないと。。。( ̄▽ ̄;)

 

 

|
|

« ロケ、そして全道大会! | トップページ | 全道JA青年部大会② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187375/9367290

この記事へのトラックバック一覧です: 全道JA青年部大会①:

« ロケ、そして全道大会! | トップページ | 全道JA青年部大会② »