« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

帯広へ!

今日は愛車フィエスタSTの1年点検のために帯広のディーラーまで行ってきました。

1  

距離にして片道200キロ。およそ3時間のドライブです。

目指すは帯広!家を出て弟子屈に向かいます。阿寒横断道路を通り、足寄で高速道路に上がりそれからは帯広までノンストップ!説明は簡単にできますが運転は大変です。

朝、家を出る時点で寒く気温はマイナス4℃でした。道路は乾いていたのであまり心配はしていなかったのですが阿寒横断道路では雪が降ったのかな?ところどころ濡れていて頂上付近は2か所ほどシャーベット状態でした。ハイペースで走っていたので焦りましたが乗った瞬間にESPが効いてくれました。もっと余裕をもった運転をしなければいけないと反省です。

阿寒横断道路を無事過ごし足寄で高速に上がる頃には景色も変わり、畑には緑が目立つようになってきました。秋まき小麦の芽が青々としているんですね♪私の家の周りは秋に枯れた牧草の茶色が畑を覆っています。山を越えるとこんなにも違うんだなぁと改めて思いました。

 

無事ディーラーに着き車を引き渡します。フォードはコミットメントとして新車から3年間、定期点検6回とエンジンオイル交換3回、エンジンオイルフィルター交換2回を無料でメンテナンスサポートをしてくれます。また、同じく3年間、パンクでのタイヤ交換、故障時の宿泊の手配から費用負担までさまざまなトラブルにも24時間年中無休、しかも無料で対応してくれます。

これはユーザーにとってはとっても嬉しいことです。安心して車に乗ることができるし、車の良い状態を保つことができます。私自身とっても気に入っているフィエスタST。ハンドリングが最高に気持ち良くて、そこそこパワーもある。山道を走るのはもちろん、ちょっとした買い物でも交差点を曲がるだけで楽しい車です。デザインは少しおとなしい気もしますが逆に落ち着いていてマル。欧州フォードの車はもう輸入されなくなってしまったのが残念で仕方ありません。このフィエスタは大事に乗り続けますよ~♪

 

さぁ、点検も終わり帯広の街へ繰り出します。っても夕方には家に着くようにしなければいけないので時間はありませんが。。。

今回の帯広ドライブで絶対に食べようと決めていたもの、、、それは、

ぱんちょうさんの豚丼です。

Photo_2  

車の点検やらWRCラリージャパンやらで毎年何回か帯広には行きますが帯広イチ有名なぱんちょうさんの豚丼はまだ食べたことがなかったのでぜひこの機会に!と前々から心に決めていました。お店は見たことがありますけどいつも行列ができています。

のれんをくぐると中は満席でした。お店自体も広くはありませんので皆さん相席で案内されているんですね~。

席に着きさっそく豚丼を注文しました。ほどなくして運ばれてきたのはどんぶりからお肉がはみ出て蓋が浮いている豚丼!(お肉の量はメニューによって変わります)

いただきます!と蓋をあけると少し炭の匂いがして香ばしい、いいにおい。豚肉をほおばるととってもやわらかくジューシー。久しぶりに油の部分がとってもおいしい豚肉を食べました。タレがしみたご飯と一緒に頬張ると、、、幸せ~!

 

ほんっとに美味しかったです。「今まで食べた豚丼はなんだったのだろう。」と思えるほどでした。

帯広に行った際にはぜひ食べてみてください♪

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

さて、今回はそのぱんちょうでの話なのですが。。。

 

数日前から私の髪はsoon2008年度へ向けてのモデルチェンジcarsign05rvcarのために金髪shineです。茶髪じゃないです。ド金髪shineshineです。次の色が入りやすくするための脱色なので街を歩くのも少し恥ずかしく、普段は帽子をかぶっていますdrama

それに今日のお出かけルックsportsはスカジャン。ちょっと怖いお兄さんに見えたかな?

 

ぱんちょうで相席の席に座ったのは女の子とその両親。私、女の子、母親、母親の向かいに父親が座りました。

するとすぐさま、

「○○ちゃん、場所変わろうか?」

と母親が聞きました。女の子は無言で答えず、母親は、

「テーブルの端に座ったらどんぶりこぼすといけないからこのままでいいか。」

 

しばらくして父親が、

「○○、場所変わらなくていいの?」

母親も、

「ほら、こっちがいいなら変わろう。」

と立て続けに。。。 

 

いやいや、そんなに心配しなくても私は女の子を取って食いやしませんよ!

 

しばらくして私の向かいに座ったのはカップル。「ぱんちょう初めて~heart04などとなんやかんや話していました。

私の豚丼が運ばれてきてブログ用に写真を撮ろうと店員さんに確認し、カメラcameraを構えた瞬間、、、

 

しーーーーーーーーん。。。

 

「いや、普通にしいていていいですよcoldsweats02逆にすみません~coldsweats01

 

と言い、「そうですか~happy01と言われまたカメラを構えると、、、

 

 

しーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。。。

 

 

いやいや、カメラに声は入りませんから~~~!!!

 

このテーブルの中で私が一番先に席を立ちました。

なんだか、いたたまれない気持ちになったので。。。

 

 

第一印象は大事ですぞ!!!

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

食料自給率クライシス!

おとといの夜から雪が降り始め、昨日の日中もちらちらと降り続きました。少しだけ冬に逆戻り。

Photo  

咲きかけていた福寿草も少し寒そうです。

 

今日は食料自給率の話を少しだけ。。。どうか最後までお付き合いお願い致します。

詳しくは→ 農林水産省 食料自給率の部屋 をご覧ください。

日本の食料自給率は18年度カロリーベースで39%(対前年度1%低下)です。食料の6割以上を外国からの輸入に頼っています。OECD(経済協力開発機構)の加盟国の中では30ヶ国中26位、さらには人口1億人を越える国の中では最下位です。

我が国の食料自給率の推移は昭和40年度当時は79%、55年当時は53%、そして平成18年度の39%です。これは経済成長に伴う食生活の変化からだんだんと下がっていきました。米の消費が大幅に減る一方でコストの安い外国の飼料穀物や大豆・なたねの油糧原料を使用する畜産物や油脂類の消費が大幅に増加しました。

なお、経済発展に伴い食の高度化が進んだ韓国においても日本同様に食料需給率が低下傾向にあります。

他の先進国はどうなの?と言いますと我が国に比べ食生活に大きな変化がなく、主食である麦などを中心に農業生産を維持・増大させており、これが自給率を維持・向上させている要因になっています。

また、食の外部化が進み、中食・外食や食品加工工業などの需要の高まりに国内生産が十分に対応しきれていないことも自給率が低下してきた要因でもあります。

要するに米、野菜、果物等の多様な副菜から構成され、栄養バランスに優れた「日本型食生活」から多種多様な食生活に変化していき、たくさんの食料を輸入に頼らなけらばいけなくなったのと、中食、外食に輸入野菜などが多く使われてきたということです。

 

これってやばいんじゃない!?

 

今、世界では余っている穀物はありません(需要量が生産量を上回っています)!輸出国も自分の国内需要を優先するために最近では「輸出規制」も出てきています。

近い将来、世界の穀物需給が今以上ひっ迫になった時、こんなアジアのちっぽけな島国に食料を輸出してくれる国はあるのでしょうか!?

また国内外とわず異常気象による大不作や農薬、化学物質に汚染された野菜などの安全ではない食品の輸入規制など不安な要素はたっぷり。

 

そんな不足の事態に備えるためにも私たち「農業者」が重要なのです。

放置されている農地を作物が育つまでの土地に戻すには最低1年ほどの時間がかかります。そのためにも私たち農業者が今ある農地を毎日管理し、いつでも作物ができる状態を保ちます。

また、農地があっても素人にいきなりの農業は無理です。私もそうですが地道に仕事を積み重ねて一人前の農業者になるのです。作物が収穫できるのは1年にそう何回もありません。私の住んでいる道東では大根、ジャガイモともに1年に1回きりの収穫です。失敗することはできないのです。また、自然と一緒に作物を作り上げていくものですからこれまた一筋縄では、、、農業者の担い手の確保・育成が大事なんです。

それに農地もあり担い手もいる。。。けど、技術水準が低く「広い畑でこれっぽっちしか収穫できなかった。。。」「作物が病気に弱い。。。」ではいけません。農業も常に技術の進歩が必要です。より良いものをたくさん収穫できたり、病気に強い品種に改良したり、農業技術水準の向上・技術の普及が大事です。

 

では、消費者の皆さんは自給率向上に向けて何をしたらいいのでしょう。。。

「地産地消」をまず実践してみましょう!スーパーでまずは今住んでいる市町村で生産されている野菜を手にとってカゴに入れてください。地元地域の野菜がなければ今住んでいる同じ都道府県の野菜を入れてください。それでもなかったら、、、日本国内で生産されている野菜をカゴに入れましょう!それでも欲しい野菜がなかったら、、、献立は欧米型ではありませんか!?ごはんにアジの塩焼き、青菜のゴマ和え、じゃがいもの炒め煮、すまし汁の「和食」に変えてみましょう!

また、中食、外食は控えて家で家族を食卓を囲んでご飯を食べましょう!その時には家族でごはんについて話し、子どもにも食育を教えてあげてください。将来は「ハンバーガーよりおにぎりが好き!」と言い、自然・動物にやさしい子に育つことでしょう。料理が好きになるかもね♪

 

「今は世界中の食べ物が思う存分食べられて幸せだ!これも食が豊かな証拠だね。」という人もいるかもしれません。でも、それは本当に「豊かな食」なのでしょうか!?

今は良くても新興国など世界中で人口が増え食料危機になったら?戦争で食料を奪い合うことになるかもしれません。 

 

私は「輸入に頼った『豊かな食』は幻。自分の国で生産される食料を食べられることが『豊かな食』なのでは?」と考えます。生産者の顔が見える安心・安全な野菜や畜産物を食べたい。品質も手入れの行き届いた国内産が一番!なにより「美味しいもの」が食べたいです。国内産はみんな美味しいでしょ!?それらを(私も農業者なのであえて入れさせていただきます)「適正価格」で買いたいです。

 

みんなで自給率向上を目指しましょう!

 

 

「昔はうまいもん食べれてよかったな。今はイモばっかり。。。食料輸入に頼っていたツケか。」

とは言いたくありません。

 

bell内容ががあっちへ飛びairplaneこっちへ飛びrvcardashdashdashで申し訳ありませんでした。最後まで読んでくださってありがとうございましたhappy01heart02

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

穀物クライシス!

農水省は25日、世界の穀物需給の動向をまとめた「海外食料需給レポート2007」を発表しました。それによると世界の穀物需給は一段と引き締まるようです。

詳しくはこちら→農林水産省 海外食料需給レポート2007 

主要品目の小麦・トウモロコシ・大豆・米それぞれ期末在庫は減少し、大豆を除く穀物全体の見通しは生産量が前年度比4.2%増の20億7500万トンと過去最高になりますが、需給量は過去最高の生産量をさらに上回る21億300万トンとなる見込みです。

生産量が需給量を下回るため期末在庫率は3年連続で減少し、前年度の16.5%から14.7%に下がる見込みで、食料危機に直面した70年代前半の15.5%を割り込む水準になります。

 

小麦は輸出大国の多くで干ばつなどの天候要因で減産がひびきました。日本は主食が米ですが、うどん・パン・パスタなどの小麦原料の食品に影響を与えます。

トウモロコシはアメリカで大豆からの作付転換などによって大幅に面積が増え、大増産になります。しかし、需給もバイオエタノールなどの工業用や飼料用需給が増大。需給量が生産量を上回り、期末在庫は3年連続で減少。

大豆は先ほども書きましたがアメリカで大豆からトウモロコシへの作付転換により面積が大幅減少・大減産!日本の心「しょう油・味噌・納豆」の原料が脅かされています~。

米の世界の生産量、消費量、貿易量は前年度並みになる見込みです。が、期末在庫量は前年度に引き続き生産量が需給量を下回るために減少します。

 

ここまで世界の穀物需給はひっ迫してきているのか。。。と考えてしまいます。実際、牛に与える飼料価格の高騰もそうですが日本でも相次いでの食品値上げ。イタリアでは小麦の価格高騰(2か月で1.7倍!)でパスタが値上がりし、消費者団体は不買運動を実施したり、アフリカなどの発展途上国では小麦価格の高騰を受け、貧しい人がパンを買えず配給に長時間並んだり、パンをめぐってケンカがおき死者も出ました。これらの国もそうですがインド・中国などまだまだ人口の伸びる国はいくらでもあります。このままだと本当に人間の食べるものがなくなってしまうかも知れません。

 

 

それに日本は食料自給率39%!6割を海外からの輸入に頼っています。当たり前の話ですが、輸出国内の食糧需要が高まった時、優先するのはもちろん自国の国民の食料です。もしそうなったときには日本はどうなってしまうのでしょう。。。

 

 

国はもっと国内生産を増やして食料自給率の向上を!!

 

世界で「食料争奪」の動きが強まる中、今日のテーマは「穀物クライシス(危機)」でした。

 

 

。。。。。。。。。。。。

 

さて、先日はプールにhappy01なかなか行けずやっと3回目ですcoldsweats01

平日は両親ともに出かけるrvcardash用事があるので私が家の留守番。休日は比較的予定がないのでプールに行けるっちゃー行けるのですが、、、行きたくないdowndowndown

利用者も多いだろうし、なにより、、、 

 

 

だいの大人がビート板持って浅い子ども用プールでバシャtwo練習ですよsign02さすがに恥ずかしいですwobbly

 

さぁ、プールに着いてびっくりsign01なんだsweat01この自転車の数はsign02
bicyclebicyclebicyclebicyclebicyclebicyclebicyclebicycle

 

 

 

そう。もう春休みなんですね。。。子どもたちがけっこう泳いでました。

 

  

 

もう、スイtwo泳ぐ子供たちを横目に見て、

 

 

子供に泳ぎを習おうかと思いましたよっ、、、、、orz

 

5月からは「初級クロール教室」に通ってみますcoldsweats01

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

夜な夜なデスクワーク!?

カッコつけて「デスクワーク」と言いましたが、ほんとはちょいとした文章作りです。

Photo  

最近、夜はパソコンに向かいながら文章を「無い」頭で考え、言葉をひねり出しながら悪戦苦闘している日々です。

 

内容はナンチャッテ徐角組合の計画書やJA青年部支部活動の企画書、近々ブログ記事にする予定の原稿練りなど。。。

 

いざ!書こうと思ってもなかなか腰が上がらずにだらだらと時間ばかり過ぎていきます。もぅ、ブログを書く時間よりもパソコンに向かうまでの時間のほうがはるかに長くかかっているかもしれません。ってか、絶対そうです。

それに、パソコンに向かう道中にはさまざまな誘惑が、、、

 

龍が如く 見参!のゲームがあったり、

春の陽気とお昼の睡魔に襲われたり、、

面白いテレビ番組がやっていたり、、、 

 

なんとかすべてを振り切ってパソコンに向かうのはもう夜、、、って全然誘惑を振り切れていません。。。

さぁ!とココログ画面を出してもなかなか進まず、、、普段のブログ記事・コメント返しもかなーり時間かかってやっと、、、「書けた~~。」

 

 

書くこと自体は好きなのでいいんですけど。。。

  

 

 

って、、、

 

 

 

今回は内容もテーマもない記事になってしまいました。

ごめんなさいっ!!!

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

これなーんだ!?

突然ですが、ここでクイズです。

 

↓これは何に使う道具でしょうか!?

Photo  

 

大きさは高さ37センチで鉄製。

 

何かをぶら下げるような感じな作りですね~♪

 

 

 

さぁ、わかったかな!?(ヒントすくなっ!!)

 

答えは、、、

 

 

 

 

Photo_2  

バナナスタンドでした~♪

近くで酪農をやりながら馬も飼っている人が作ったものです。土台とバナナをかける部分には馬の「蹄鉄」が使われています。

Photo_3  

その人が去年の地元の小学校の学芸会にバナナスタンドを出展していて(地元の人の作品なら一緒に展示できます)、それを見た母が「猛おねだり」して作ってもらいました。

蹄鉄を使うところがおしゃれだし、バナナをかけても安定感は抜群!ぶら下がっているバナナを見ると何だか手を伸ばしたくなってきます。 

 

 

でも、

 

バナナ残り2本になってからは誰も食べなくなるんです。

 

 

  

ぶら下げられなくなるから。。。

 

 

。。。。。。。。。。。。

 

さて、今日は近くのC先輩と友達の家の除角を手伝ってきましたrvcardash

私とCさんは共同で除角をやっており牛も角も小さいうちにコテで焼いてしまうのですが、そこの家は除角が1年に1回なので角も牛も大きいsign03角は15センチくらいありましたcoldsweats02coldsweats02coldsweats02

 

まずは角を切りtaurushairsalon止血のために赤くなるまで熱したコテを押し当ててwobbly血管を焼きつぶしますcoldsweats01good

切った瞬間、牛も大きいので血がぴゅーーーーupupup

C先輩はいい感じで顔にかかっていましたsmile

 

 

除角も終わり、みんなでお昼ご飯restaurantriceballrestaurantそこの家の人が焼き肉を用意してくれましたhappy02

炭の調子が悪くdown最初は焼けなかったのですが、C先輩が一言。。。

 

 

「これくらいならナマでも食べれるってsign01大丈夫だsign03

 

 

 

顔面に牛の血しぶきがとんだ顔で言ったので超怖かったです。

 

 

殺人鬼かっっ!!coldsweats02coldsweats02coldsweats02

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

トート!

牧草地の雪もほとんどとけました。春も近いですね。

 

と、最近は出だしに「春は近い。」「春はもうすぐだ。」と書いてはいますがまだまだ気温は低く(午前中買い物に行った時も気温は4℃でした)まだまだ寒い!

でも、着実に春は近づいているでしょう。気長に待ちます。

 

さぁ、先日新しいトートバッグを買いました。

 

普段、ちょこっとした買い物のときには商品を入れる袋を「そのままでいいです。」と断る私。

 

本を買っても「そのままで。」

CDを買っても「そのままでいいですよ~。」

コンビニで買い物しても「袋はいらないです。」

 

と、買い物も終わって家に着き、気づけば車の中は買ったもので散乱。家まで、

 

ポケットに物を詰め、

両脇に買ったものを抱え、

何とか車の鍵をかけ、落とさないように絶妙なバランスを保ち玄関まで。。。

 

こんなのはもういやだーーーーー!!!

 

と、前々から欲しかったトートをついに購入することに。

決めたのは「帆布工房」さんのトート!カラーはホワイトを購入しました。

Photo Photo_2  

A4の書類が入るサイズがよかったのと、シンプルなデザインとカラーが気に入りました。

これで買い物も楽しくなる!?早く街を歩きたいです。ウキウキしてきました。

 

っあ、ちなみに、、、

NHKドラマ「ちりとてちん」で和田(青木)喜代美さんが実家の小浜へ帰る時に使っていたバッグも帆布工房さんのボストンバッグでした~。

 

。。。。。。。。。。。。。

 

さて、届いたトートを早速母に見せびらかせました。そうしたら母が、

 

「ねぇtwo、一緒に使おうよnote

 

って誰が一緒に使うかーいpout「絶対に貸さないよsign03

 

次の日、母と一緒に買い物にcardash地元のショッピングセンターに行き、何を買ってきたかというと、、、

 

私とおなじトートの色違い!!

 

 

なんじゃこりゃ!!!

 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

落語です!

今日は春分の日です。

Photo  

家の前の木の近くに植えている「福寿草」も花のつぼみをつけ、咲くのもあと少しという感じです。

 

さて、NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」のファンでもあり、最近は落語のファンにもなった私。

「1度は生で聞いてみたい!」

と思っていましたが、なかなかそんな機会はありません。近々釧路市で落語寄席があるのですが時間が夜6時からなのと「落語」というので友達も誘いづらく、、、結局諦めてしましました。 

 

「何かないかなぁ~。」

 

と思いながらいつも通り新聞を読んでいると、今は落語ブームなのでしょうか?記事があり「落語DVD相次いで発売!」とありました。

 

「おぉっ!」

 

と思い噺家の名前を見ると、、、

Photo_2  

桂 吉弥さん!

 

「おぉっっ!!」 

 

NHKちりとてちんで「徒然亭 草原」役で出演している桂 吉弥さんのDVDも発売されていました!

 

もちろん、ソッコーで注文し、届いたDVDを家族みんなで見て笑いながら「落語っておもしろいね~。」とみんなで言いました~。 

NHKの「ちりとてちん」を見るまでは落語には見向きもしませんでしたがいざ聞いてみると面白いこと!イメージががらりと変わりました。桂 吉弥さんは上方落語界の若手のホープで落語も芝居もとっても魅力的です。落語を聞くとドラマ「ちりとてちん」の草原兄さんそのままのような感じで優しさあふれる話し方とさすが噺家さん!見ていて本当に面白いです。

 

いつか、

 

いつか、、、

 

生の寄席で聞いてみたいものです。

 

 

。。。。。。。。。。。。

 

さて、今日からパ・リーグが開幕しますhappy01

北海道日本ハムファイターズは千葉ロッテマリーンズとの対戦sign03

 

今年もパ・リーグをbaseball

北海道をbullettrain

 

日本野球界を盛り上げていきましょうupupup

頑張れsign03ダルビッシュhappy02

  

…エサ寄せしてきてからゆっくり観戦しよっとsmile 

 

 

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

ちりとてちん!

私はNHKの連続テレビ小説「ちりとてちん」の大ファンです。

 

もう目が離せません。さえない高校生が一大決心して地元福井県の小浜市から大阪に飛び出し、上方落語と出会います。それから落語家を目指すことに。

青木喜代美(草々と結婚して和田から苗字が変わりました)役の貫地谷しほりさんの演技はすっごく楽しいし上手です。徒然亭の登場人物はみんな個性的で気になるキャラクターだし、ストーリーも恋あり涙あり、、、もちろん笑いありとそーこーぬーけーに!楽しい!!
落語のファンにもなってしまいました。  

たいていはお昼の12時45分からの放送で見るのですが、仕事や用事があって見れなかった時にはBSの夜7時半からの放送で見逃さずにチェックしています。 

 

先日は青年部の事業(フットサル大会です。私の支部は見事優勝!やったー!)があり、お昼の放送は見られず。。。「これは夜の放送に賭けるしかないな。。。」

 

夕方の仕事はなんやかんやあって、、、体調不良の牛がいて獣医さんを呼んだり、、、パーラーの洗浄が終わったのは7時25分!「ややっ!これは時間ギリギリか!?」

まだ仕事も終わってなかったし、着替えて家に戻るのも、、、「パーラー事務所のテレビで見よう!」と、

 

どんぐりに水をやり、

牛舎の事務所のテレビをつけ、

チャンネルをNHKに合わせ、

テレビ前に正座してスタンバイ!

 

2分ほど天気予報を見て、

 

さぁ!7時半!「始まるぞー!」わくわく!!

 

 

と思うも始まった番組は「クローズアップ現代」。。。

 

  

「あれ!?」としばらく固まるも、、、すぐに理由はわかりました。

 

 

 

「事務所ではBS入んないんだった。。。orz」

 

 

自分のアホさに笑えました~。

 

 

。。。。。。。。。。。。

 

さて、今日はKREVAベストアルバムの発売日です!

Kreba  

「KRAVAのCD全部持ってるし、、、」

 

「ベストだし、、、」

 

「どうしよう。。。」

 

と迷うこともなく(!)購入しましたupupuphappy01scissors

やっぱり私に一番合う曲happy02

体が勝手に動く音楽notenote

お酒と一緒に聞くには最高beerlovely

トラックも大好きだし、、、やっぱり最高です~upupup

まだ聞いていない人、「聞かず嫌い」の人にもお勧めの1枚です!

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

私の牧場シリーズ3~パーラー~

ほぼ1年ぶりに再開!?私の牧場シリーズです。

Photo  

今回はミルキングパーラー通称「パーラー」です。

Photo_2  Photo_3

私の牧場ではパーラーで牛乳を搾っています。ミルクを搾る機械「ミルカー」が片側8個ずつ合計16個ついています。業界では8頭W(ダブル)、、、「8ダブ」と言います。

パーラーには牛がメリーゴーランドのように回転する「ロータリーパーラー」、牛が入ってきたら直角に方向を変えて並ぶ「パラレルパーラー」、斜めに重なるようにして並ぶ「ヘリングボーンパーラー」などがあります。私の牧場は「ヘリングボーン」です。 

搾乳作業は両方に牛を入れていき片側が終わったら牛を出し、新しい牛を入れてミルカーを付ける。。。を繰り返していきます。

Photo_4  

今までの牛舎では、搾乳が終わったら次の牛のところまでミルカーを肩に担いで持って行きました。それにミルカーをつける時にはしゃがむので腰が痛くなることもありました。

どちらかといえば「人間が動く」牛舎です。

パーラーでは牛が自分で施設に入ってきます。人は牛より低いところで作業するのでちょうど手を前に突き出したところが牛の乳房あたりに設計されておりとっても楽です。

しかも「アーム」付き!ミルカーを手で支えなくてすむのでラクラクです♪

「牛が自ら動いてくれる」牛舎ですね~!

 

牛も人間も快適なパーラーでおいしい牛乳を搾っています!!

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

生命。

酪農は自然と動物が相手の仕事。生命の誕生やそして「死」も割と身近に感じられます。

 

今日は2時のエサ寄せに行くと牛舎から牛の苦しそうな鳴き声が!!

牛が鳴くときは牛舎で「何か」が起こっている証拠です。エサがなかったり、水が飲めなくなっていたり、分娩が始まっていたり。。。

すぐにツナギに着替えて牛舎へ行くと、、、案の定分娩が始まっていました。

「やっぱり!」と思いながら育成舎に行き子牛を入れる枠の中に寝ワラを入れ、子牛を運ぶ1輪車を用意して手にはゴム手をつけて、、、準備万端!

 

親牛のところへ近づくと、周りには「なんだなんだ!?」とヤジ牛が数頭。羊膜の袋が破けていないまま子牛の足と頭が見えました。親牛は一生懸命踏ん張ってはいるけれど、なにせ袋(羊膜)のままなので引っかかって出てこないイメージ!?

「よしよし。」と近づき、羊膜を破いてちょこっと引っ張ると「スルリ」と出てきました。

 

よかった~♪

 

 

 

と、少し時間を戻して、、、

今日の朝、子牛が死んでいました。

14日に生まれたばっかりの子牛でした。

 

子牛が死ぬと毎回、

 

「何が悪かったんだろう。」

「飼い方でおかしいところはなかっただろうか。。。」

  

と考え込んでしまいます。

せっかく生まれてきたのに、、、

 

 

残念です。。。 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

夜の牛舎!

みんなが寝静まった頃、牛たちは何をしているのでしょうか!?今日は夜の牛舎探検です! 

Photo  

Photo_2  

って、エサ寄せついでですけどね。。。

 

私の牧場では牛舎の電灯は暗くなったらつけて仕事が終わってもそのまま。夜のエサ寄せが終わったら消します。

「真っ暗じゃ牛たちはエサの場所わからないんじゃないの!?」

と思うかもしれませんが、朝にはきちんとエサが減っているから大丈夫。きちんと食べています。見えているのか、エサ場までの感覚(ベッドから12歩でエサ場に着く。とか?)で食べに行っているのかは不明ですが。。。

牧場によってはすぐに消すところや朝までつけっぱなしのところがありますね。

   

夜になっても牛たちは気ままにエサを食べたり、ベッドに横になっています。実はあまりお昼と変わりません。決まった時間に寝るということはないようです。

ベッドの除糞をしに私がテクテク歩いて行ったらみんな「なんだ?」「どうした?」というように私を見るのですが、中には首を曲げたまま動かずにいる牛がいます。そういう牛は寝ている、、、のかな!?

 

でも、時間によってはみんなお腹がすくらしく、私の牧場では夜11時頃にエサ寄せに行くと半分近くの牛がエサを食べに来ています。

 

 

このことから言えることは、、、

 

 

「牛も『腹時計』を持っている。」

 

ということですね~!

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

どんぐり!あれから…。

ついに芽が出たどんぐり。前回の記事からちょうど10日。あれからどうなったかといいますと、、、

 

順調に成長しています。前回では芽の出ていなかった1個もあの後にすぐに芽が出て、大きさもほかの2個と同じくらいになりました。ホッと一安心です。

今日はそれぞれのどんぐりを分けて一つずつ鉢に植え替えました。まごまごしていると大きく成長したどんぐりの根が絡まりあって「うわーーーー!!!」ということになりかねません。

鉢に土を入れて~、

Photo  

それぞれの鉢に植え替えました。

Photo_2  

どんぐりの根は出てきた芽の5倍ほど伸びていました。冬の間も土の中でしっかり成長していたのですね♪

Photo_3  

それにしても目で見える成長にはワクワクします。時々眺めて「前より大きくなった!」と実感できるし、水やりも楽しい。すっかり愛着もわき、かわいくてしかたがありません。小学生の「朝顔観察日記」のような気分でもあります。

 

いつまでも「どんぐり」じゃかわいそうだから名前でもつけようと思います。

私も考えますが、ブログを読んでいる皆さんも良い名前があったらコメントに書いてください♪お願いします。

 

あとは、、、

 

 

外に植えた(たぶん)34個のどんぐりが心配だ。。。

 

 

。。。。。。。。。。。。

 

 

さて、先日釧路の病院に行ってきました。

受付をすませ、診察科の前で待っていると診察を終えた一人のおばあさんが私の横へ座りました。

 

(・・・えっ!?周りはがら空きなのに、、、なぜあえて私の隣!?)

 

おばあさん 「お兄さんは何の病気?」

と聞かれ、

私 「はい。唇の周りの皮膚がカサカサするので来ました。」

おばあさん 「そうなんだ。いろいろな病気があるんだね~。」

 

 

しばらく沈黙の後、、、

 

 

おばあさん 「お兄さん、就職は決まったのかい?」

 

 

えっ!?と思うも、天気のいい日の午前中にこんな若い男が病院なんて、、、無職と思われたんですね~。

 

私 「いえ、酪農、、、牛飼いをやっているんですよ~。」

おばあさん 「ああ、そうなんだ。」

 

としばらく話して、おばあさんが最後に、

 

おばあさん 「昔から『農業を制する者は、国を制す』ってね。これからもがんばりなさい。」

 

と話してくれてとっても嬉しかったです。

今はどちらかといえば農業がないがしろにされている時代です。見直されつつはありますが。。。

 

「食料は輸入すればいい。」との意見。

『農業』が経済取引の『カード』にされている。

企業は利益を求めて外国の野菜・加工品を安易に輸入する。

 

でも、昔の人(って言ったら失礼かな)はきちんと考えているんですね。 

農業は国の基本。私もがんばります!

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

牛のツノ切り!

先日は地元の青年で作る「青年会」の会員および地域の酪農家さんの徐角がありました。

Photo  

青年会とは「俺はまだまだ青年だ!」という地元の青年が集まり、地域の行事のお手伝いをします。おもに地元の保育所・小学校・地域合同運動会のお手伝いや地域の夏祭りの準備・出店、牛のツノ切りなどをみんなで行います。

 

今回の徐角は7牧場約140頭です。18人の会員で二手に分かれての作業でとってもスムーズ&スピーディに進みます。みんな慣れているので自然に役割分担が決まってきます。私が帰ってきて就農した頃の徐角は全部で300頭近くいて日にちも3日ほどかかっていましたが、年々少なくなりつつあります。

私の牧場も以前までは青年会に徐角を依頼していましたが、ここ数年は自分でやっています。身体もあるし時間もたっぷり。最初は自分でやることに抵抗を感じていましたが今は、

「さぁ~て、角でも切るか~♪」

とノリノリです。

普段は自分ひとりで行う徐角。炭を起こしてパイプを焼き、牛を捕まえて徐角して、、、の繰り返しですが仲間とおしゃべりしながら行う徐角はとっても楽しい♪

 

現場では様々な声が飛び交います。

Photo_2  

角を切ったあとはすぐに「コテちょうだーい!」

 

近くでも次々切って「こっちもコテェ~!」

 

あまりにも順調に次々切っていくと、

「おい~、このコテ焼けてないじゃねぇか!」

「ちょ、早いですよ~。コテ焼きが間に合いません~。」

 

コテをジュウゥゥゥ~と押し当てられた牛はたまらず「ゥモォォォ~~~!!!」

 

ロープで牛を縛りつけた後は徐角器をもった人に、

「先生、よろしくお願いします!」

「よしわかった!」サクッ!「ゥモォ~!」

「こっちにコテお願いしま~す♪」

 

 

そんなこんなで13時には無事終了。みんなでお昼ご飯です。その時だいふくさんから一言。

 

「おーTain。いい顔してるなぁ~。」 

 

「え~!?なんですか!?」

 

 

 

「人を2、3人殺したような顔だぞ。」

 

大きい牛の角を切った時は血管から血が「ピューーーー!」と飛ぶんですね。その返り血を顔面に浴びていました。

帰って鏡を見ると、、、

 

「うわーーー!!」

 

って毎回のことなんですけどね~。

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

さて、遠足schoolとか人の大勢いるところなどで急にはしゃぐupupup子供っていますよね~happy01

そんで調子にのって怪我bearingをしたり親に怒られたりしますcrying

 

それはまさに、、、今回の私sign02

9時に集合し、さっそく徐角を始めることに。

普段は自分ひとりで行う徐角だけど仲間がたくさんいて楽しいhappy02happy02happy02

 

普段は使い慣れている小さい牛用のコテも手におぼつかないsign02

 

子牛を捕定してパイプを押し当てると、、、

 

 

「おっと!」、、、ジュ。。。

Photo_3  

火傷しました~cryingcryingcrying内手首に当ててしまったdowndowndown

 

調子に乗って怪我して、、、子どもかっcoldsweats02

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

てるてるさん!

今日は地元の青年で作る「青年会」の会員および地域の酪農家さんの徐角がありました。(詳しい記事は次回UP予定。)

 

へとへとになり家に着くと私宛に荷物が。。。

「何も頼んだ記憶がないけど。。。」

と思い伝票を見ると、、、

 

 

「てるてるさんからだぁぁぁ!」

 

 

以前、私の地元の農畜産物をブログ友達のてるてるさんに送ったことがあり、そのお礼に今度はてるてるさんの地元宮城の特産物が送られてきました。

ブログを書き始めた当初は「自分の事や酪農の仕事、自然をテーマにした情報を発信していこう。」と思っていただけなのに今ではブログを通じて友達ができ、今回のような交流ができることにとってもうれしく思いました。

 

気になる中身は、、、

Photo  

どどーんと宮城県産&てるてる産がぎっしり!

お菓子は、かの松任谷由美さんも大好きな「萩の月」と、てるてるさんが大好きな「Hacchi」というお店のキャラメル。バレンタインのお返しです♪

それにお米、ほうれん草はてるてるさんの家で採れたものだそうです。すごーい!

 

今日はさっそく「萩の月」を家族みんなで食べました。

Photo_2  

カステラの中にカスタードクリームが入ったお菓子で、特に中のカスタードクリームがとってもおいしかったです!手作りのような味でくどくもなく、やさしい味でした。

 

てるてるさん、お手紙もとっても嬉しかったです!

ありがとうございました!

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

赤外線ヒーター!

今日も気温が上がり雪解けが進みました。そこらじゅうに水たまりが、小さな水の流れができています。

先日、子牛が生まれました。

生まれた子牛はすぐに親牛から引き離し、私の家では「木の枠」で少しの間飼い、ハッチが空き次第移動します。

親牛からすぐに引き離すのは、ほかの牛が興奮して走り回り子牛が危険なのと速やかにさい帯(へその緒ね♪)を適切な長さにカットし消毒するためと、、、生まれたての子牛は乳を飲むのが得意じゃないんですね。絵的には「生まれたての子牛がおぼつかない足取りで母牛のところへ行き何とか探し当てた乳を吸う。」ってのがいいのでしょうけど、そんな悠長に待っている暇はありません。それにそんなんじゃ飲む乳の量もあまり多くはないんです。

牛は人間とは違い病気に対する「抗体」を生まれた時に持っていません。人間はさい帯を通して母親から抗体をもらい、生まれてから自分で抗体を作るまではそれで病気から身を守ります。

牛は抗体がさい帯を通ることができず、生まれたての子牛は抗体ナシです。そのかわり母親牛が出す最初のミルク(初乳といいます。)に抗体が含まれており、それを飲むことにより病気から身を守ります。

なので、生まれたての子牛にはできるだけ早く初乳をたっぷり飲ませることが必要なんです。

 

生まれたての牛は羊水で体が濡れています。自然なら母親牛が舐めて乾かし、血の匂いも取るのですがここは牛舎。濡れたまま引き離します。

ちなみに親牛によっては「胎盤」も食べてしまうのもいます。野生では血のにおいを嗅ぎつけて肉食動物が寄って来てしまいますからね。その「なごり」かな?

濡れた子牛は寒くてガクガク震えています。それに今は冬。そりゃ寒いでしょう。

 

そこで!秘密兵器の登場です。

 

「赤外線ヒーター!」

Photo_2  

濡れた子牛を木の枠に入れてヒーターのスイッチをオン!

Photo_3  

次の日にはピカピカに乾いています。

このヒーターは今年の1月から我が家に設置されました。封を開けられずに捨てられていた封筒を私が拾い上げ、中身を見ると、、、

「各種酪農用品お正月セール!」

その中にあった「赤外線ヒーター」。

 

「ちょ、これ買おうや~。買って買ってかってかって~~~。」

 

と駄々をこねた結果、買ってもらいました。やったね♪

そのおかげもあり、今年のオス子牛の販売価格は「ムフフ。。。」な感じです。 

ありがとう!赤外線ヒーター!

 

。。。。。。。。。 

さて、先日記事にした「流氷ドラフト」。もう少し詳しく説明しますと、、、

網走地ビール館さんが製造・販売しています。以下説明文を引用です。

Photo  

『オホーツクの空・海・流氷をイメージした「オホーツクブルー」をコンセプトにオホーツク海の流氷を仕込水に使用しコクがあり爽やかな軽い飲み口に仕上げました。
東京農業大学生物産業学部による技術指導のもと開発され、今までにない澄んだ鮮やかなブルーときめ細かい泡立ちに成功し、グラスに注いだ泡は、ほんのりブルーで海に浮かぶロマンあふれる流氷をイメージさせます。
地元の素材にこだわる当社の工場長の思いが作り上げた自慢の一品です。』

 

取り扱い店はほんのわずかのようです。飲んでみたかったけど、、、来年までお預けかな!?

 

| | コメント (7) | トラックバック (1)
|

W流氷ならず!

「なんだか最近寒いなぁ。。。」

と両親と話していたらちょうど来た肥料会社さんの営業の方が「今、標津沖に流氷来ているらしいよ!」

「それでかー!」と両親は言いましたが私は、

「ブログ用に写真撮りに行かねば!!!」

 

流氷なら先日よしゆりさんから聞いた『流氷ドラフト』も飲んでみよう!

とスーパーに行くと、、、ない。。。

「流氷ドラフト取り扱っていませんでしたっけ!?」

と聞くと、

「すみません。もう品切れで終わっちゃったんですよ。」

 

ぇえぇ~~~!?「在庫ってないんですか!?」

 

「原材料が流氷なので、、、来年までないですね~。」

 

原材料も流氷だったのか!?恐るべし『流氷ドラフト』!

気になる方はよしゆりさんのブログ「雑貨屋店長ポジティブ調」をご覧くださいませhappy01

 

 

さぁ、気を取り直して「海に流氷見に行くぞ!」と車を走らせ20分。。。

海につくも「あれっ!?流氷は!?」

 

しばらく車を走らせても流氷はナシ。コンビニの店員さんに聞くと、

「最近までは間近で見られたんですけど、もう沖に行っちゃったかな。。。根室だとまだ見れると思いますよ。」

 

ね、根室ですかーーー!遠いですーーー。。。

 

「W流氷はならず」でした。。。

残念! 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

どんぐりの芽が出た!

今日も気温が上がり雪解けが進みました。まだまだ雪はありますけどね。空も晴れて気持ちがいい!

Photo  

さて、以前植えたどんぐり。大事に大事に。。。3日おきに水をあげ、より自然っぽく落ち葉を布団代わりにかけておいたり(ってパーラーの中なので雪がない時点で自然とはかけ離れていますケド)

「まだ芽、出ないかなぁ~。」

と見るたびに思っていました。

昨日の夜、いつもどおり水をあげに落ち葉をどかし、どんぐりを見ると、、、

 

芽が出てる~~~!!!

Photo_2  

嬉しかった~。実は芽が出なくて心配してました。

「チューリップのように寒さを感じさせないとダメなのかなぁ。」

「パーラーが暖かすぎて、どんぐりおかしくなっちゃったのかなぁ。。。」

 

私の心配もよそに、どんぐりは「ゆっくり、ゆーっくり」芽を出す準備をしていたのですね~♪

本当に良かったゼィ!

 

 

。。。。。。。。。。。。。。

 

さて、明日プールに行ってきますhappy01

家の留守番があるためプールに行こうと思ってもなかなか行けません。

父親は税金作業で毎日農協に行ってるし、留守番は私か母親です。

 

私 「プール行きたいんだけど、今週の予定は!?月曜日・・・」

母親 「月曜は桜餅作りがあるんだ。」

私 「火曜日・・・」

母親 「パッチワークの会」

私 「水曜は?」

母親 「・・・何もないかな。」

私 「木曜・・・」

母親 「ステンドグラス教室。」

私 「金曜は?」

母親 「何もないよ。」

 

・・・じゃあ明日行ってきます。。。coldsweats01

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

水泳!

2月もあっという間に去り、、、うるう年だった29日はいたってフツーの日を過ごしました。今日から3月ですね♪

日が沈むのも日に日に遅くなり、以前は午後4時で薄暗くなっていましたが最近は明るいです。

 

さて、せっかく北海道に住んでいるのにスキーもボードもやらない私。冬は運動不足になりがちです。寒い日はほとんど家から出ませんから。。。

 

このままではイカーン!と以前から挑戦しようと思っていた水泳を始めることにしました。夏は毎年海に行きますが「犬かき」だけじゃカッコ悪いしね。冬の運動不足と日頃の基礎体力向上(!?)を目標に頑張ります。

Photo  

ところで、、、皆さんは泳げますか?

 

私はぜんぜんダメです。泳げません。息継ぎができないんです。

 

友達には、

「小学校、中学と水泳の授業あったのになんで泳げないの!?」

と言われました。

小学校の頃から泳げなかったのでもう諦めです。「今から泳げるようになんてならないぜ。」と思い中学では水泳の授業をサボってましたから。。。

弟には「アニキ泳げないの!?ダッセー。」とバカにされるし、、、

 

でも、息継ぎをマスターしたらスイスイ泳げると思うんです。イメージトレーニングはバッチリ! 

 

いざ、ビート板片手に(笑)少し緊張しながらプールに行きました。

 

ま新しい水泳パンツに着替え、水泳キャップ、ゴーグルをしビート板を持ってプールわきで入念に準備体操。最初は深さ130センチの25メートルプールに入ろうとしましたが、やっぱりビビって横の深さ80センチのプールにしました。

 

 

足をプールに入れた瞬間!

 

 

 

 

 

キンコンカンコーン。

「ただいまより10分間の休憩タイムです。遊泳中の人はプールから上がってください。」

 

 

えっ!?僕、まだ何もしていないんですけど。。。

 

 

一人だけポツーンと残るのも寂しいし何より寒いのですぐ着替え室に引っ込みました。。。

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

とりあえず水に浮く練習、バタ足、手のかきを練習してビート板を使いながらの息継ぎとやりましたがなかなかうまくいかず。。。ビート板を外すとうまく息継ぎできませぇぇぇん

見てtwosign03水着のオシリが「adidas」でかわいいのbleah

Photo_2  

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »