« 第21回 じゃがいも伯爵まつり&ふれあい広場! | トップページ | 馬はかわいいいよぉ! »

牛は1日2回、乳を搾るよ!

先日、R先輩を乗せて飲みに向かう途中、、、

Rくん 「Tainん家ってどれくらい牛飼ってるの?」

私 「ん~、140頭くらいです。」

Rくん 「そのうち搾乳してるのは?」

私 「90頭くらいかな?」

 

Rくん 「それって、『今日この牛搾ったから明日は休み』とかってあるの?」

 

えっ!?

 

私 「ちょ、Rくん、牛は毎日2回朝夕に搾乳するんですよ~!」

Rくん 「そうなの~!?知らなかった~!」

 

って私もびっくりした~。この酪農地帯でそういう質問がくるとは思ってなかったから吹き出しそうになりました。「1日2回搾乳する」ってのは当たり前に知ってる事かと思っていたけど、Rくんは畑作専業農家。牛に触れる機会はほとんどないに等しいから知らないのもあたりまえか。。。私も最近まで「ジャガイモは種イモを植えてたまに消毒・防除したら収穫できる」と思っていました。実際には培土(ばいど。畝に土をよせる作業)をして消毒・防除を週に1回行うという事はほとんど知りませんでした。

Rくんには「青年部で行っている『親子農業体験(注 今年は行いません)』に参加して子どもたちと一緒に勉強してくださいな~。」とは言っておきましたが、この事で小さい子はこういう事、「農業」とか「どうやって牛乳ができるのか」とか知らないんだろうな。。。と。「野菜は農家の人が作ってる」「牛乳は牛から搾られる」とかは分かってるだろうけど、もう一歩踏み込んで「じゃがいもができるまでには種イモ植えて畑の管理して秋に収穫」とか「牛乳を搾るためには生まれたメス牛を大事に育てて赤ちゃんを産ませてそれから初めて牛乳が出る」とかを知ってもらいたい。

工業製品、車とかもたくさんの部品や人がかかわってやっと1台の車ができているけど農業はそれとはちょこっと違う。大地を耕して太陽の恵み・自然を活用して作物を育てたり、家畜の生死にかかわりながら牛乳やお肉を生産したり。「食べる」ってのは人間が生きてく上での基本だから、その食糧を作っている農業を子どもたちにもっとよく知ってほしいな。今回、Rくんにはよーく説明しておいたけど(笑)

 

「食育」ではなく、食と農を深く絡めた教育「食農教育」ができるのは全国の農協青年部、女性部しかいないんだ!

 

頑張ろう食農教育!!

 

って肝心のまとめが変。。。

 

 

|
|

« 第21回 じゃがいも伯爵まつり&ふれあい広場! | トップページ | 馬はかわいいいよぉ! »

コメント

遅くなりましたが…


私は二年前に酪農家さんと知り合うまで、牛に触ったことすらなくて、当然1日二回搾乳とか乳が四本とか、知らなかったよ(笑)


みんな知らないんじゃないかな…


命をいただいていることの大切さをもっと子どもたちに教えていかなくてはいけませんね。

投稿: 六花 | 2008年8月29日 (金) 22時13分

今日は久しぶりに晴れました!Tainです。
 
>六花さん
マジっすか~sweat01やっぱり一般ピーポーは知らないのか搾乳回数とか乳の数とか。。。
 
でも、そりゃそうかcoldsweats02coldsweats02coldsweats02
 
もっと農業と消費者の距離が近く、、、ってか理解を高めていけるような事が必要なのかなupupup
 

投稿: Tain | 2008年8月30日 (土) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187375/23338451

この記事へのトラックバック一覧です: 牛は1日2回、乳を搾るよ!:

« 第21回 じゃがいも伯爵まつり&ふれあい広場! | トップページ | 馬はかわいいいよぉ! »