« 勉強会!(育成牛とか、性選別精液とか) | トップページ | 新しい長靴! »

除角に新兵器!

先日は仲良し3人で牛のツノを切りました。
業界用語で「除角(じょかく)」です。

今回から除角の時に牛を固定する
「除角保定枠」を使っての作業です。

Photo

9万円の価値はあるのか!?

 

結論から言うと…

 

価値はある!すげーーある!!

いつもなら力いっぱい、汗だくでやる除角作業が、

涼しい顔でできます。

 

除角とは…
生まれて1か月ころからツノが伸び始め、1歳になるころには写真のような立派なツノになっています。
 
Photo 
 
牛のツノはオスメス関係なく生えてきますが、オス牛は生まれて約1週間ほど飼ったら売っちゃうのでツノは切りません。
メス牛は大事に飼って将来牛乳を搾る牛になるので、牛同士のケンカや私たちが怪我をしないようにツノを切ってしまいます。
1度ツノを切るとこの先、牛が大きくなってもツノは生えてきません(っあ!除角に失敗したときは生えてくるよ)。

今回は久しぶりの除角だったので頭数もたまり、ツノの大きい牛もチラホラ…
まずは小さい牛から保定枠で行い、その間に大きい牛に麻酔を打ち、大人しくなるまで待ちました。 

 

まずは… 

Photo_8 ロープで子牛を連れてきて

 

頭をがっちり固定します。

 

これでどんなに暴れても

動けません。 

作業する僕らも安全。

 

 

 

Photo_9

除角機でジョキン!

 

牛がまだ小さいので

傷口も小さく、

血もあまり出ませんね♪ 

 

この後の止血がラクです。

 

 

Photo_10 焼きゴデで止血 

ジューー…

 

煙が立ち込め

目が痛いです。 

 

Photo_11 ハイ終了~。

よく我慢できました。

 

固定を外すとすぐに出ていきます。

牛にとっては恐怖だったよね。  

 

保定枠を使うと1頭にかかる時間は約30秒です。

あまりにも楽すぎてヤバイ!

子牛を枠まで入れるのが少し大変だけど、

頭がガッチリ固定されるので

今まはそこらへんの柱にロープで保定していた時のように、
固定がイマイチで切る時グラグラしたり、
焼きゴテを嫌がって止血に苦労したり…
が全然ない。
私たちも安全だし、

9万8千円の価値、あるわーーー!! 

 

ぎゃくに、

その後の保定枠に入らない大きな牛の時には、

「これが除角!」

ってくらい牛つかんで、汗かいて作業したけど。。。

Photo_12

大変だった。。。

今後は
「牛が小さく、枠に入るうちにやろう」
と強く誓いました。 

 

。。。。。。。。。。。

 

画像は組合員が飼っているニワトリ!

Photo_14

完全放し飼い!!

 

|
|

« 勉強会!(育成牛とか、性選別精液とか) | トップページ | 新しい長靴! »

コメント

お久しぶりです(^O^)

最近うちの除角はペーストやってますよ。
1週令くらいで角が確認されはじめると可能で、毛を刈って500円玉くらいの範囲を塗り込んでやってます。

やりはじめたばかりなのでまだ失敗はいないけど…。コマメにやらないといけないけど、楽ですかねぇ~?
薬品でジワリと焼くみたいなので、牛にとっては痒み程度の痛みかと思います。

投稿: ゴン | 2011年3月27日 (日) 21時35分

こんばんはTainです。
今夜はF1!ビールも買い込んで、観戦準備は万端です!
 
>ゴンさん
お久しぶりです。
 
除角ペースト、私も持っていますが、
使っていません(;;;´Д`)
仲良し3人の他の2人も持っていますが、
使っていません(;´Д`A ```
 
毛を刈って塗り塗りするのがめんどくさい気がしてsweat01sweat01
 
結局、焼いていますcoldsweats01coldsweats01coldsweats01
3人でやると作業も早いし、
なんたってワイワイ楽しくできるので苦になりませんhappy02happy02note
 

投稿: Tain | 2011年3月27日 (日) 22時10分

除角というのは一般的に
行われているのでしょうか?
ひどいですね。

毛を刈って塗り塗りするのがめんどくさい気がして
結局、焼いています
と言うコメント、驚きました。
牛は苦しんでると思われますが、
ワイワイ楽しく行われているというのも
驚きました。


投稿: ゆう | 2013年9月18日 (水) 02時30分

>ゆうさん
はじめまして。
貴重な意見をありがとうございます。
また、私の文章で気分を悪くしたのならすみませんでした。

一般の方は目にすることがありませんが、「除角」は酪農にとっては一般的に行われている作業です。
また、(一応)酪農ブログなのであえて記事にしています。

一般的に見る牛はツノが無いので
「牛にツノは生えない」
と思われがちですが、
牛には必ずツノが生えてきて、牛乳を搾る牛は子牛から大きく育つまでのどこかで必ずツノを切ります。

理由は主に、
「日常的に接する畜主に危害が及ばないように」
「ツノでほかの牛を傷つけないように」
です。
なので「除角」は酪農家にとって大切な管理作業になります。方法はいろいろありますが、必ず行わなくてはいけません。

また、除角ペーストについては、まれに失敗があることとそれなりに手間もかかるので使用していません。
また、私たちは地域の除角も請け負っているので作業性と確実性を考えた結果、昔ながらの「焼きごて方式」にしています。

そして、大きなツノの牛には獣医師の指導のもと、麻酔も使って除角作業をしています。

牛には愛情を注ぎますが、時にはつらい苦しい思いをさせることもあります。
そらは「酪農」という仕事上、避けては通れないことです。

そして、
気の合う仲間たちとの作業は、やっぱりワイワイ楽しいですよ。

投稿: Tain | 2013年9月18日 (水) 12時56分

Tainさん

コメントがあった事、今日気付きました。
ありがとうございます。

地域の除角も請け負っておられるそうなので、
少しでも動物達が苦しまなくて済むように
配慮をお願い致します。

本当にお願い致します。

最近動物愛護に関心を持ち、色々調べると
動物愛護の方、菜食主義の方が
結構多いんだなと感じました。

聞き流して頂いて構わないのですが、

「牛が生まれてから食肉になるまで、
一切の負担をかけていない牛肉、牛乳」
っていうのがもし売っていたら
値段がすごく高くてもそれを買います。

アメリカ産やオーストラリア産の肉なんて
どんな風に育てられてるかわからないし、
買う気がしません。
そう思っている人が、他にもいるかもしれません。

投稿: ゆう | 2014年4月18日 (金) 15時47分

>ゆうさん
コメントありがとうございます。
 
先日も地域の除角を行ったのですが、ゆうさんに言われたことを頭に入れて作業しました。
作業内容上、無痛で行うことはできないのですが、できるだけ余計な痛みを与えないように配慮していきたいと思います。

また、今の牛舎は「カウコンフォート」といって、牛にストレスを与えないつくりになっていることが多いです。
好きなときに草を食べて、横になりたいときはベッドで寝て、、、ストレスが少ないといい牛乳がでます。

投稿: Tain | 2014年4月26日 (土) 21時56分

Tainさん

除角の際のご配慮、ありがとうございます。

「カウコンフォート」は最低限必要だと思っています。

牛肉牛乳の事を調べれば調べる程、
牛さんには(豚も鶏も)色々と大変な事があるんだな…
と気付きました。

今では牛肉(牛乳も)食べられなくなってしまいました。
大変です・・・。

牛、豚、鶏に全くストレスを与えずに飼育できる
(畜産業の方も楽になる)
そんなすごい発明をどこかの研究者がしてくれたら
いいのになと思いつつ、
豆乳と豆腐と野菜等でしのいでいます。

投稿: ゆう | 2014年5月 8日 (木) 15時15分

はじめまして。九州の酪農家です。
除角枠を検索したら、こちらのブログをみつけました。画像の除角保定枠は、どちらで販売されている製品でしょうか?差し支えなければ、製造元か取扱店を教えてください。よろしくお願いします。

投稿: ヒロ | 2014年12月10日 (水) 12時14分

>ヒロさん
コメントありがとうございます。
お返事が遅れて申し訳ありません。
 
私たちが使っている除角保定枠は、
北海道北見の「福地工業」さんの
「Calf Hold」という商品です。
福地工業  http://fukuti.co.jp/
Calf Hold  http://www.fukuti.co.jp/cowhold.JPG
 
お値段は当時10万円を切るくらいだったと記憶していますが、今ならもう少し高くなったかも知れません。
 
以前はヰセキ北海道で取り扱いしていましたが、現在は不明です。
 
この保定枠にはかなり助かっています。

投稿: Tain | 2015年1月18日 (日) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187375/39355876

この記事へのトラックバック一覧です: 除角に新兵器!:

« 勉強会!(育成牛とか、性選別精液とか) | トップページ | 新しい長靴! »