« 除角DAY! | トップページ | KREVA CONCERT 2013 SPACE TOUR! »

中標津B&Wショウ!

昨日は中標津B&Wショウを見学してきました。

Photo

ドキドキ、審査中です!

 

第51回 中標津 ブラック アンド ホワイト ショウです。

場所はホクレン根室地区家畜市場、審査員は別海町の酪農家 林 満冶氏です。

このB&Wが根室管内で行われる共進会の一番最初となります。今回は42頭の出場がありました。天気は曇り空。気温も肌寒く、北海道内でも雪が降ったところもあったみたいです。ですが会場は牛に集まる視線・熱気で包まれながらのショウとなりました。

Photo_2

乳牛を共進会に出場させるには大変なんですよ~。

たくさんいる牛群の中から質の高い牛を選び出し、

スマートに歩けるように調教し、

牛の体を洗い、毛を刈って見た目もスッキリ!

牛を会場に搬入し、審査開始の時間ギリギリまで牛の微調整&チェックが念入りに行われます。

みんな真剣な眼差し!

Photo_3

出番の終わった牛たちはふかふか干草ベッドでのんびりです。

Photo_4

↓おっぱいのある牛は見栄えを良くするため、お乳を搾らないまま乳房を張らせてショウに出ます。終わったらソッコーで搾ります。気持ちよさそうですね。

Photo_3

Photo_4

「乳牛改良同志会に入っていて、また、共進会に参加して良かったことはなんですか?」と先輩に聞くと、

「年上年下関係なく牛の話や仕事の話をできることかな。共進会で良い成績を取れた時はうれしいし、よい子牛が生まれた時は『改良を続けてきて良かった』と思うよ。」

と答えてくれました。

 

年々、出場頭数も少なくなり酪農家の「共進会離れ」が進んではいますが、長生きをしたくさんの牛を生んでくれる牛は牧場に貢献してくれる牛であり、牧場経営にはとってもプラスになることばかり。 

そんな「長寿連産」の牛へと改良し、飼育技術のさらなる向上をする場が乳牛改良同志会。一生懸命育てた牛の発表の場が各地の共進会です。

チャンピオンになることだけが共進会の目標ではなく、ショウに参加することにより自分の牧場の牛群レベルを判断したり、他の牛と比べて改良点を見つけ出したり…と目的は人それぞれです。

でも、

「良い牛を作りたい」

という思いはみんな一緒です!

 

|
|

« 除角DAY! | トップページ | KREVA CONCERT 2013 SPACE TOUR! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187375/51414582

この記事へのトラックバック一覧です: 中標津B&Wショウ!:

« 除角DAY! | トップページ | KREVA CONCERT 2013 SPACE TOUR! »