« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

NFL CCの結果は…!

先日行われたNFL カンファレンスファイナルの結果、、、

 

AFCのペイトリオッツ対コルツ戦は、、、

 

 

 

45対7と圧倒的な戦力でペイトリオッツの勝利!!

コルツは何もできなかった印象があります。

 

 

さて、NFCのシーホークス対パッカーズは、、、

第1Q、試合開始早々、パッカーズのQBロジャースのパスをシーホークスのCBシャーマンがエンドゾーン内でインターセプト!

ほらっ!シーホークスのNFL最強セカンダリー陣がさっそく大活躍ですっ!

ターンオーバーからの攻撃直後にQBウィルソンのパスがまさかのインターセプト…。

その後エンドゾーンギリギリまで攻め込まれますが何とか守り切りFGでパッカーズが3点先制です。その後もFGを1本決められスコアは0-6。

さぁ、守備陣が頑張ってくれた分、ここから反撃開始です!さぁ、キックオフリターン!

 

 

で、まさかのファンブル!ボールはパッカーズへ、、、またもターンオーバー。。。

その後はTDを決められ0-13で第1Qが終了。

始まった第2QでもパッカーズにFGを決められ0-16で前半終了。

シーホークスはランもまったく出ず、ウィルソンにいたっては前半だけでも3INTと攻撃陣がまったく機能していません。

パッカーズは何度もエンドゾーンまで攻め込みましたが守備陣がなんとか踏ん張りました。

でも、攻撃陣がこんなんじゃ見ているほうもガッカリです。

 

そして、全然調子の出ないシーホークス。負け試合を見るのは悲しすぎるので私は後半戦を見ずにテレビの電源を切りました。。。

 

 

昨年の強いシーホークスはどこにいったんだ、、、

ショックで立ち上がれずにベッドに入り、ウトウトしました。。。

 

 

 

 

が、このままではいけない!しっかり最後まで見ようと、自分を奮い立たせてテレビの前へ!

 

さぁ、後半第3Qのキックオフです!

が、シーホークスはなかなか攻撃のリズムが出ずに敵陣20ヤード付近まで攻め込むもファーストダウン更新ならず、、、ギャンブルはぜずにFGを狙いましたが、、、

 

 

これがまさかのスペシャルプレイ!ホルダーをつとめたPライアンがTグリアムへのTDパス!

やったー!初得点だーー!と喜ぶもまだ7-16と点差は開いています。

そして第4Q、パッカーズはまたもやFGを決めスコアは7-19へ。 

 

この時私は思いました。このFGは試合の決定に大きく作用するぞ。。。と。

 

そして、試合終了5分前のシーホークスのドライブではウィルソンが今日4度目のインターセプトを喫してしまいました。

 

 

そして、私は思いました。この試合、終わった。。。と。

 

 

シーホークスは残り2分でウィルソンのTDランで14-19とし、あとはオンサイドキックに賭けます。

 

 

 

 

そしてこのオンサイドキック、残り時間も少なくボールを取れなければそこで試合終了は決まったようなもの。

成功率の低いプレイですが、これがまさかの大成功!リカバーに成功し、その後のドライブでRリンチのTDで20-19と大逆転。2点コンバージョンも成功し22-19とリードを3点に広げました。 

 

試合は終わってなかった!最後に大逆転が待っていました!

 

 

その後のパッカーズの攻撃ではさすがロジャースという感じでパスをテンポ良く決められ、FGを許してしまい22-22の同点、試合はオーバータイムに持ち込まれました。

 

最初の攻撃権を得たシーホークス。もう調子を取り戻したウィルソンに敵はいません。

35ヤードパスを通し、そして最後はWRカースへ35ヤードTDパスで試合終了!

28-22でシーホークスが2年連続でスーパーボウルへ進みました。

 

 

 

もう、こんなに喜怒哀楽の現れた試合は初めてです。

前半を見る限りはウィルソンも調子が悪そうで何をやっても上手くいかず、本当に惨めな試合でした。ですが、後半からはなんとか息を吹き返し、守備陣の活躍にも応えなんとか得点を重ねていき、さすがに最後のINTでは「もう終わった」と思いましたが、チーム全員で困難を打ち破り、ラッキーもあったけど見事に勝利を勝ち取りました。

 

 

さぁ、スーパーボウルの相手は強敵ペイトリオッツです。

QBブレイディの調子もよさそうだし、WRエデルマン、TEグロンカウスキーと要チェックなプレーヤーもいます。そしてなによりここ2戦スペシャルプレーを用意してきたコーチ陣にも注目です。

シーホークスは今回、CBのシャーマンとFSのトーマスが痛んだのが心配です。ですが、スーパーボウルまでには元気に戻ってくるでしょう!

 

 

決戦は2月2日!

めっちゃ楽しみです! 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いよいよカンファレンスチャンピオンシップ!

NFLではあす、いよいよカンファレンスチャンピオンシップが行われます。

それに勝ったチームが2月2日スーパーボウルで対決。

 

日本の野球にたとえたらセ・パ両リーグのチャンピオンを明日決め、

勝ったチームで日本シリーズってかんじでしょうか。

 

AFCはペイトリオッツ対コルツの一戦です。

ここはペイトリオッツのQBブレイディとコルツのQBラックの対決が楽しみです。

NFCはシーホークスとパッカーズ。

昨年の王者シーホークスが登場です。

シーホークスの強烈なディフェンスフロントがパッカーズのQBロジャースにプレッシャーをかけ、最強セカンダリー陣がインターセプトを量産するのか?

パッカーズのロジャースは足の怪我を抱えてはいますがQBとしてはめちゃめちゃ優秀です。先日のカウボーイズ戦でも足を引きずりながらもいいパスは通してました。

オフェンスラインがポケットを維持して、ロジャースに投げる暇を十分に与えるとシーホークスのセカンダリー陣もうかうかしてられません。

ですが、制空権はやっぱりシーホークスが有利だと思うのでシーホークスのリンチ、パッカーズのレイシー両RBのプレイも気になります。

そしてシーホークスの投げて走れるモバイルQBウィルソンにも注目です。

 

NFCチャンピオンシップはBS1で生放送、早朝5時キックオフ。

AFCチャンピオンシップは同じくBS1で生放送、朝8時30分キックオフとなっています。

 

今からたのしみですーー!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

救急救命!

昨日の夜、講義を受けていると突然、目の前で人が倒れました。

 

ビックリして肩を叩き、声をかけても反応がありません。

すぐに周りにいる人に助けを求めて、119番通報とAEDを持って来てもらうように頼みました。

 

胸を見て呼吸を確認すると全然してないっ!

 

すぐに胸骨圧迫を開始しました。

1分ほどするとAEDを持って来てくれたのですぐさま服を脱がせて装着。

 

心電図解析の結果、電気ショックが必要だったので機械の指示どうり、周りにいる人を遠ざけてスイッチオン!

 

 

……。

 

 

電気ショック後、すぐさま胸骨圧迫を再開して2分後、AEDの心電図解析でもう1度電気ショックが必要となり試みましたが、、、。

 

 

そのまま意識も戻らず。。。 

 

 

 

 

 

 

時間終了~。

次の人と交代しました。

 

昨日は消防団の定例訓練でした。

Img_1292

Img_1294

まずはDVDで胸骨圧迫のやりかたと、のどに物が詰まった人の対応と止血も勉強しました。そのあとは実際に人形とAEDを使って胸部圧迫の練習です。

心肺蘇生のやり方は自動車学校以来なので緊張しましたが、それなりにできたと思います。それに実際にAEDを使ったので勉強になりました。

そして昨年、中標津で初めて一般の人がAEDを使用して傷病者を蘇生する出来事があったそうです。

目の前に倒れている人がいたら勇気を持って胸骨圧迫を!周りの人に助けを求めて119番通報とAEDの確保も忘れずに!

 

私もいざと言う時もがんばります!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クレーの初撃ちです!

今日は釧路HAP'1射撃場の「新春 初撃ち射撃会」でした。

Photo

今年もクレー撃ち放題です。クレー皿料金無料+装弾購入者100発ごとに1ラウンド無料券がもらえます。太っ腹!

ちなみに明日11日もやっていますのでHAP'1会員の方はぜひ射撃場へ足をお運びください。

 

続きを読む "クレーの初撃ちです!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。

今年も、昨年に負けず良い年にしていこうと思います。

「昨年は良かったの?」と聞かれれば、

「まぁ、フツー」

と答える事になると思いますが、今年も仕事に私生活に頑張ろうと思います。

Photo

そして、今日は中標津消防団の「出初式」がありました。

あいにくの天候で吹雪の中での出初式となりました。私たちも寒かったですが、来賓の方も寒かったでしょう。。。

やっぱり消防団の制服を着て式に参加すると気持ちが引き締まります。町民の生命・財産を守るため日々訓練に励み、また今年1年頑張って活動しようと思いました。

 

 

そんなこんなで、今年も「牛と暮らせば…」をどうぞよろしくおねがいします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »