« NFL CCの結果は…! | トップページ | 恐れていたことが起きました! »

第49回 NFLスーパーボウルでした!

今日は節分です。豆まきしまたか?

北海道は落花生をまきます。

 

さて、今日は第49回 NFLスーパーボウルでした。

リーグ最強攻撃力のニューイングランド・ペイトリオッツ

             対

    リーグ最強守備力のシアトル・シーホークス

空中戦で相手チームを圧倒するペイトリオッツ。対するシーホークスはリーグ最強バック陣がパス攻撃にどう対処するか、という感じでしょうか。

ペイトリオッツが勝てば10年ぶりの王座奪還、シーホークスが勝てば2年連続チャンピオンです。

さぁ、勝つのはどっち?

 

シーホークスのキックオフで試合が始まりました!

 

第1Q、まずはお互い探りあいながらのプレーです。序盤はお互い大きなプレーも無く、陣地を回復するパントでシリーズを終えましたが、ペイトリオッツはパスもランも出て調子がいい感じ。いつも通りのペイトリオッツかな?対するシーホークスはなんだかチグハグな感じ。攻撃も3アンドアウトで終わっちゃうし、、、

 

がしかし!

第1Q残りわずか、ペイトリオッツに自陣20ヤード以内に攻め込まれるもシーホークスのCBレーンが見事なインターセプト!ギリギリにところでペイトリオッツの攻撃を抑え第1Qは0-0で終わりました。

CBレーンはこの時受けたタックルで腕を骨折!今日の試合には復帰できませんでした。

 

 

さぁ始まった第2Q。

シーホークスは先ほど得たINTのいい流れでいきたいところですが、今回もパントで終了。やっぱり攻撃がチグハグ?走れるQBウィルソンの対策もしてきているペイトリオッツ。パスカバーも上手く、シーホークスはなかなか攻撃をできません。

そして次のペイトリオッツの攻撃でとうとうやられてしまいました。QBブレイディからWRラフェルへTDパス!スコアは7-0になりました。

ペイトリオッツのレシーバーはWRエデルマンにラフェル、TEのグロンカウスキーと強力なメンバーが揃っています。そして精密機械のようなパスを投げるQBブレイディ。リーグ最強攻撃陣と言っても過言ではありません。

その後はお互い1回ずつ攻撃してシーホークスの攻撃、QBウィルソンからWRマシューズへの44ヤードパスが通り、その後はRBリンチのランでTD!!すぐさま7-7の同点に追いつきました。

WRマシューズは前回のカンファレンスチャンピオンシップ 対パッカーズ戦で奇跡の逆転劇を生んだ、あのオンサイドキックをキャッチした選手です。レギュラーシーズンではパスターゲットになったことも無かったのかな?あの1つのプレーで一躍注目を浴びる選手になりました。

そして2ミニッツに入り、第2Q残り36秒で相手陣レッドゾーンへ攻め込んだQBブレイディからTEグロンカウスキーへTDパス!スコアは14-7になりました。

そして残り時間が少ない中、シーホークスはQBウィルソンの17ヤードラン、そしてWRロケットへのロングパスがヒット!そして相手陣11ヤードまで攻め込み残り8秒、WRマシューズへのパスがTD!!土壇場で同点、スコアを14-14にし、前半戦を終了しました。

まさに手に汗握る攻防です。ペイトリオッツにやられっぱなしな感じですが、同点って事は互角な戦い?後半も楽しみです。

 

 

そしてハーフタイムショー。

今年はケイティ・ペリーでした。

 

 

始まった第3Q、ペイトリオッツのキックオフで試合が始まりました。

そしてシーホークス、まず最初の攻撃シリーズをKハウシュカがFGを決めて14-17とこの試合初めてシーホークスがリードしました。

直後のペイトリオッツの攻撃ですが、QBブレイディのパスをLBワグナーがINT!シーホークスはこの日2本目のINTです。ブレイディのがっかりした顔が画面にうつしだされます。

このINTで得たチャンスをQBウィルソンがボールドウィンへのTDパス成功!スコアを14-24と10点差まで広げて第3Qが終了しました。

 

 

そして最後の第4Q。シーホークスは10点リードと言えども、相手は最強攻撃陣のペイトリオッツですから油断はできません。

案の定、中盤にQBブレイディからWRアメンドラへ、そしてWRエデルマンへと2本のTDパスを決められ28-24とペイトリオッツに逆転を許してしまいます。

大ピンチに追い込まれたシーホークス、しかも残り時時間は2:02秒と決して多くはありません。

まずは1本パスを試みるも失敗で2ミニッツ。

残り1分少々となったところで相手陣48ヤード。1st&10でノーバックのショットガンフォーメーション。時間もないのでロングパスシチュエーション。そしてQBウィルソンの放ったロングパスはWRカースへ。

そのパスをWRカースが手ではじいてしまい、カース自身も地面へ倒れこんでしまいます。パスインコンプリートか、、、と思ったところ、倒れた自身の上にボールが落ちてきて、その後ポンポンとお手玉?みたいな事をして見事キャッチ!!33ヤードパス成功です!

相手陣残り5ヤードまで進み、RBリンチの4ヤードランで残り1ヤード。

残り時間は26秒、残り1ヤードなのでここはRBリンチに持たせてTDランで試合終了!28-31で決まり!

 

 

 

 

と思いましたが、、、

 

 

 

 

 

 

敵陣ゴール前1ヤードでコーチの出したプレイコールはパス、、、

 

 

 

 

ウィルソンはスナップと同時に右を向き、WRロケットへのパスを、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペイトリオッツのSSバトラーがインターセプト!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!

 

 

 

なんでパスーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

そのままリンチに持たせればいいのにーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴール前目前で攻撃権がペイトリオッツに移り、

 

 

 

それと同時にスーパーボウル2年連続優勝が消え、

 

 

がっくりうなだれていたブレイディは大喜び、

シーホークスのピート・キャロルHCはがっくり膝に手をつき、

今シーズン、シーホークスを応援していた私は呆然と立ち尽くしたまま、結果を受け入れられずにいました。

 

 

その後はペイトリオッツがニーダウンをして試合終了。

スコアは28-24でペイトリオッツが10年ぶりに王座奪還を果たしました。

 

 

この試合でブレイディはいろいろな記録を更新しました。

手に汗握る試合でしたが、最後の最後、シーホークスの大逆転勝利が間違いないと思っていた私は結構キツい試合になりました。

この悔しさは来シーズンまで覚えておき、またシーホークスを応援します。

そして、スーパーボウルの放送は普段、生中継で見て、夜7時からの録画放送でも見る大ファンな私ですが、この結果、この最後をもう一度見る気にはなれなかったです。

それくらい大ショックでした。

 

なんなら、この記事を書いている今もショックが後を引いています。。。

 

 

 

なんであそこでパスだったんだろう。。。 

 

 

 

|
|

« NFL CCの結果は…! | トップページ | 恐れていたことが起きました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187375/58804853

この記事へのトラックバック一覧です: 第49回 NFLスーパーボウルでした!:

« NFL CCの結果は…! | トップページ | 恐れていたことが起きました! »